多肉鉢が色とりどり(*^。^*)

2017-05-24 | 17:27

いつになく小っちゃい鉢をたくさん・・・

作りました~
小さい鉢09922
珍しいでしょ (#^.^#)

何故かというと








それは・・・
こんなのを手に入れちゃったから
鳥かご00181
多肉とのコラボを目論んで
以前に笠間で購入した鳥かご(*^。^*)










選手入場~~~ (*^。^*)
鳥かご00179
このように入り口が狭いため
小さい鉢を作る事になったわけです~








上の方が寂しいので
鳥にも参加してもらいました
鳥かご00044
数年前に益子陶器市でゲットした青い鳥

ここで役に立つなんて🎶









小さい鉢ばかり作る事に飽きてしまい
こんなのも作ってみたけど
家型09655
なんか 物足りない・・・ 








ってことで
ちょっとイタズラを
家型3460
ペンキをペタペタ(^^♪ 









もこもこしたら可愛いかなぁ~って
寄せ植えに(^^♪
家型00707
一見 カッコいいけど

じつは~~~








失敗作なの 
家型09656
でも 植えちゃえば見えないし

これがホントの
馬子にも衣装

食器じゃなくてよかった・・ってしみじみ









青銅マット釉のドラム缶半分型
青銅マットライン09928









入居者はコノフィツムよ( ;∀;)
青銅マットライン3458
4月下旬
早くもシワシワになりだして・・・









とうとう脱皮が始まる 
コノフィツム00696
育て方が間違ったのか
当人の勘違いなのか

はぁ~~~

早すぎる脱皮に意気消沈・・・
 







ところが
苦があれば ラクも有るのよね~


以前にアップしたリメイクミルク缶の火祭り
ミルク缶09918










それが
今ではこんなにわんさかモリモリ~(^^♪
火祭りミルク缶00674
水やり忘れてばかりなのに
育ってくれてありがとね~~~ヽ(^。^)ノ








そして
元気がある時と ない時の落差が有り過ぎで

心配になってしまう 「黒法師」

黒法師3109
(一か月前に撮影)










それが5月になって俄然はりきりだし
グングン伸びてきた
黒法師00795
ヒュー ヒュー  カッコいい~










正面もだんぜんイケメン
黒法師00809









もうひとつのイケメン君

益子陶器市で仕入れた吊り鉢は
益子の吊り鉢00767
 かわいい若葉が伸びだし
とりあえずひと安心よ





このひと安心がずっと続きますように・・・






 鉢ばかり作ってる・・・(^^)/

2016-12-05 | 18:29

10月に焼きあがった作品は
多肉植物用の鉢ばかりでした(^^♪



何を植えようか 考えもしないで
手が動くままに作った鉢のラインナップがこちら↓


① 新しい釉薬を試すため
   白土で作った渦巻きグルグル鉢 
DSC08878.jpg







② 置いても 吊るしてもOKの
   どんぶりみたいな鉢
DSC08868.jpg








③ 鉢なんだし・・・
  丁寧にツルツル仕上げなくたっていいじゃん
DSC08874.jpg

適度なザラザラ感いっぱいの四角鉢(#^.^#)








④ 残り土を混ぜて作った鉢は 弁柄を塗り
   思うまま線描きあそび(#^.^#)
DSC08862.jpg








⑤ 黒いだけじゃ地味よね・・・と
   いたずらしたおてもやんのほっぺ 
DSC08861.jpg









⑥ 目がいっぱいある ミミズク君 
DSC08859.jpg
中赤荒土はレンガの色みたいで
鉢作りに大のお気に入り(^^♪







⑦ 土が足りなくなって作った
   こんな浅い鉢って・・・
DSC08857.jpg
役にたつのかな




******************************




そうしたところ

なんと
鉢作りばかりしている私を見た陶芸のお仲間から
多肉ちゃんのおすそ分けが~
DSC08809.jpg
この他にもいっぱい頂いちゃった🎶

初めて見る多肉ちゃんにいささか興奮気味~




これは大変・・・
寒くなる前に移住させなくちゃ 





① 名前がわからないけど
  品の良さそうな多肉ちゃんにはとりあえず
  これ↓

DSC_2568.jpg






② このどんぶり級の大鉢には
  増えそうな予感がする
  これ↓

DSC09127.jpg






③ 縦に長い鉢にはこれかなっ(#^.^#)
DSC_2545.jpg






④ 縦長の線描き鉢には
   すごく増えるらしい これ↓

DSC_2524.jpg






⑤ おてもやんのほっぺ
   とりあえず・・・寄せ植え↓

DSC_2547.jpg





⑥ ミミズク君には おなじみ団子三兄弟と 
   ワイヤーで作ったお飾りをぶら下げてみた(*^^*)
三日月ネックレス09094






植えたのは
伸び放題の三日月ネックレス!(^^)!
三日月ネックレス09095
暖かくなったらチョッキンしようねぇ








⑦ 浅い鉢には これ これ(*^^)v
DSC_2564.jpg
小っちゃな芽が出始めていたのを発見

いそいで多肉用土の上に置いて
ただいま経過観察中~(^.^)



      



それはそうと覚えてる?(#^.^#)
以前にアップしたコチラ↓
火祭り08246
長く垂れさがって来たので
チョンパ しようと思っていたんだけど・・・









ひゃぁ~~~! 
火祭り2536
いつのまに~








茎までまっかっかじゃないの!
火祭り09102
ふぅ~っ
チョンパしないで良かったぁ(≧▽≦)












 多肉植物の鉢ができました♪

2016-09-26 | 16:56

多肉植物に小さい芽が出てきて
どんどん大きくなりだし

うれしさ半分  
正直言って 迷惑半分(^_^;)

植え替えようにも
鉢が無くて困り…

このところ鉢作りばかり(^^ゞ




これは
他のブロガーさんのところで見た
ステキな花器をマネッコ

了承していただき
作ってみました

本物はかなり大きいのですが

多肉植物を植える目的なので
これは直径19㎝です










とりあえず
伸びきった葉を植えて(^-^)



ちゃんと根付いてくれるかな😃






これは吊るすモノなのに
穴あけを忘れた「可哀相鉢」









困った末に

こんなふうに
お団子を付けてあげて
ごまかして…










なんとか
グリーンネックレスを♪

ト音記号とみずたま音符

仲良くしてくれるといいな♪










しっかり根付けば
もっと葉が落ちついてくれるわね(^-^)








こちらは
ぐい呑位の大きさにミニミニ鉢











伸びきった葉の
仮住まいに(*^^*)

しっかり根付いてくれたら
もっと立派な鉢にお引っ越しよ♪











残り土で作った
添えものたち

こういうのを作り貯めておくと
便利です~(*^^*)











前回の鉢作りで
おもしろかった吊り下げタイプ

もちろん今回も
柳下の二匹目ドジョウ狙い(^_^)v


赤のドット模様と
うず巻きがチャーミング🎵



この葉がすごい勢いで繁り

幾つにも株分けしたんだけど
それでも
鉢が足りなくて困っています~(*^^*)





もっと もっと頑張らなくちゃ(・o・)








 多肉植物の鉢・できました🎶

2016-06-09 | 23:27

焼きたてのホヤホヤです
DSC_1815.jpg
ぜ~んぶ多肉ちゃんの鉢










多肉植物用の鉢を焼いたのは
これで三回目
DSC_1642.jpg
なのに











どれもこれも
高さが1cmほど低くなってしまう・・・
DSC_1641.jpg
三度も同じ失敗をしてるのに
学習しないのねぇ











スタイル良いデキだったはずなのに
焼きあがってみれば
DSC_1654.jpg
ずんぐり短足気味~~~











ア~ これも
DSC_1630.jpg
しょうがない・・・

こうなったら
【馬子にも衣裳作戦】でいくしかないか 











おかげさまで
多肉植物にもちびっ子ができまして
DSC_1695.jpg










DSC_1714.jpg


















植え替えようと思っていたとき
美しい多肉ちゃんを格安ゲット
DSC_1663.jpg










こちらも新入りちゃん🎶
DSC_1675.jpg










なんと
花までついてるお値打ち品
DSC_1685.jpg











さてさて
みんな   新居にお引越しですよ
DSC_1856.jpg
馬子にも衣裳 その①











馬子にも衣裳 その②
DSC_1848.jpg










馬子にも衣裳 その③
DSC_1850.jpg











これは
ハッキリ言って 私の作品ではなくて
さんに形を作ってもらい 
DSC_1648.jpg
私が釉薬を掛けたモノ ヽ(^。^)ノ










衣装をまとってみると
DSC_1866.jpg
ほら 
こんなにステキなの~~~  











植物が入ると
それなりに見られる・・・ってホントよねぇ
DSC_1869.jpg
この中の黒い多肉ちゃんが
近ごろヘンなの   どうしたのかな?










一見 なんともないけど
DSC_1747.jpg










じつは こんな症状
DSC_1753.jpg
どうしたもんじゃろのう(^-^;










気がかりはこちらも↓
DSC_1823.jpg
シワシワになってる~






これって ほったらかし過ぎ?

甘やかし過ぎ?

それとも  水やり過ぎた?







他のはみんな元気・・・といいたいけど
DSC_1776.jpg
ちょっと メタボ気味じゃない?









ちびっ子ができて
伸びざかり元気印はこちらに移転
DSC_1877.jpg
アルミの太い針金で吊るし










焼き締めの飾り玉を
DSC_1652.jpg










だんご三兄弟に~
DSC_1872.jpg










いただいたグリーンネックレスは
この鉢に落ち着きました
DSC_1842.jpg
うるさく描いた模様が ネックレスで見え隠れ・・・

ちょうどいい感じになったみたいです(#^.^#)







鉢作りって  ホントに楽しい~













 多肉ちゃん用の鉢と他にもいろいろ~🎶

2016-03-22 | 18:19

うまく焼けたかな~と心配だった
多肉ちゃん鉢が完成です(^^♪
DSC_0918.jpg
背中に背負って帰って来た品々





では 
オープンです




あれ・・・ 
フライングしてるの だぁれ?
DSC_0916.jpg










青銅マット釉を掛けてみたけど
はたしてどんな料理が合うか・・・(。´・ω・)?
DSC_0946.jpg










参考までに
以前の≪うのふ釉≫を掛けたうつわ↓
DSC04815.jpg
釉薬で雰囲気が変わりますよね~










そして
多肉ちゃん鉢のトップバッターは

➀ 黄瀬戸釉楕円鉢
DSC_0958.jpg









三種類の黄瀬戸釉を掛けて
色の出方を見たかったんだけど

何処がどうなったか判別不明~
DSC_0954.jpg









しかも
足を付け忘れてるし~~~
DSC_0956.jpg










というか

鉢じゃなくて
別の食器に付けちゃってるしっ
DSC_0997.jpg










細長ぁ~いうつわ
DSC_0994.jpg
黄瀬戸釉鉢の足を
こっちに間違えて付けちゃった(-_-;)










真似っこして細い線を描いたのが
消えちゃってる・・・
DSC_0990.jpg
上手くいかないものねぇ・・・ 人生って




でも
捨てる神あれば 

拾ってくれる神もあるのを・・・わたしは知ってる^^



たまには
想像をはるかに超えた出来ばえに

感激がとまらない時もあったりするものなのよ!(^^)!





② 青銅マット釉・ハグハグ鉢
DSC_0948.jpg
waiwaiさんの真似っこ~(*^。^*)










後ろ側にもいっぱい愛を込めて
DSC_0950.jpg
模様が これでもか・って位
てんこ盛りよ










ハートをがっしり捉えて
DSC_0949.jpg
離さないぞォ~










しかし・・・
いつもの事ながらツメがあまい私 ↓
DSC_0977.jpg
だらしなく釉薬が垂れてる・・・

でも
外からは分からない場所だし

見なかったことにしよ~~~っ!











シェイクハンド~
DSC_0975.jpg
この鉢に合うのは誰かな~(^-^)

あ~ 楽しみ










上に比べて こちらは小さ目

③ 雲の上・ワンルーム鉢
DSC_0961.jpg
同居はムリね











こちらは個性的

④ らせん階段・ワンルーム鉢
DSC_0965.jpg
これも小さ目なので
単身多肉ちゃん用ね(#^.^#)








東京のソメイヨシノも開花して
いよいよ花ざかりの季節到来🎶


鉢も出来たことだし
多肉植物の植え替えが楽しみ 楽しみ(^^♪







゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。




ついに陶板ができました♪ 


いつも四季折々に
北海道の素敵な風景を見せていただいている
reimi01さんのブログ ↓

摩周湖のすそ野から





こちらで以前に拝見した
「一本の木の夕景」に感動し

陶板にしてみたいと申し出たところ
reimiさんから快諾をいただき

がんばって作ってみました~(^^♪
DSC_0937.jpg








reimiさんの写真はうっとりするほどの美しさなのに
陶製だとマンガみたいな出来栄え(#^.^#)


陶板作りも
ハマってしまいそうな気がします~
 










 朴の葉皿に美味しいものを載せて🎶

2016-01-19 | 23:54

2016年
新年早々から嬉しいことがありました


葉っぱのお皿が焼けたんです
DSC05248.jpg











赤土と白土
二種類の≪朴の葉皿≫が完成(^^♪
DSC05239.jpg
①と③は古信楽土に織部釉・黄瀬戸釉をかけ

②と④は赤御影土にうのふ釉をかけました










11月
龍神大橋へ行ったときに
川で拾って新聞紙につつんで持ち帰り・・・
DSC05316.jpg
大切にしまっておいた朴葉が










山の土に返ることなく
こうして
私の下で別な道の一歩を踏み出しました
DSC05290.jpg
④の長さは25cm

なにかと役立ちそうなサイズね♪









赤御影土は
こんなに赤いんです(^-^)
DSC05296.jpg
掛ける釉薬によって
いろんな表情が出るなかなかの変身上手










②は長さが35cmとダイナミックです(#^.^#)
DSC05288.jpg
またまた釉薬の掛け方が大ざっぱだわ
こういうところにホンネが見え隠れ・・・











①は織部釉 長さ35cm
DSC05298.jpg
焼成後の油膜を取り除くため
お酢をたっぷり入れてあります












③は織部釉と黄瀬戸釉を掛けたのに
黄色が出ず・・・
DSC05269.jpg
長さ35cm











その代わり
ところどころに緋色が出ていました
DSC05276.jpg
捨てる神あれば 拾う神ありですね~

っていうか 
こんなトコが≪陶芸の醍醐味≫なのかも










お酢まみれになっていた器

半日すぎて
油膜がきれいに消え去り

釉が濃く溜まったところが更に青くなっていて
表情がステキになりました~
DSC05258.jpg








゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


付録



いつも仲よくさせていただいている方に
美味しくて簡単なお料理を教えていただいたので
さっそく作ってみました(^^♪


※ 以下 調味料などは味見をしながら
   自己流で加減してつくりました





❶ グラニュー糖50g カルダモン小さじ2
DSC05232.jpg
上記の割合で【カルダモンシュガー】を作っておきます







❷ 赤ワイン200cc
DSC05234.jpg









❸ 大きめにカットしたゴボウ(二本分)
   カルダモンシュガー 小さじ2
   赤ワイン
をお鍋にいれて
DSC05235.jpg
中火~弱火でコトコト煮る 中火~強火で煮詰める









❹ 汁気が無くなるまでもう少し!
DSC05237.jpg









❺ 汁気が無くなったらごま油を少々かけて
出来あがりです~ヽ(^。^)ノ
DSC05313.jpg
ごま油を掛ける前に味見をしたら
チョット(まぬけ)な感じが・・・



ごま油の偉大さを再認識




ではでは
盛り付けてみましょうね
DSC05315.jpg
❹の器に盛ってみました🎶

こんな感じでいかがでしょうか










 丸くて四角い鉢(*^。^*)

2015-12-04 | 21:15

こんな形のうつわを作ってみました
DSC04816.jpg











丸くて
DSC04813.jpg










四角いうつわ
DSC04811.jpg










一辺が18センチ
DSC04815.jpg










高さは5センチ
DSC04807.jpg
【赤御影土+うのふ釉】
この組み合わせが気に入ってしまいました











あら・曲がってるじゃない !!!
撮り方が悪かったかな・・・

DSC04823.jpg











こっちは・・・真っ直ぐじゃないみたい
DSC04820.jpg










ほら やっぱり~
DSC04810.jpg











こうやってみると・・・
DSC04827.jpg
うわぁ 
ハッキリわかるぅ~












うつわを一枚ずつ使えば
不具合はわからないだろうけど
DSC04830.jpg
これじゃぁ ねぇ・・・










せっかくのワンポイントも台無し
DSC04801.jpg










よくよく見れば
釉薬を厚掛けしちゃってチリチリだし
DSC04812.jpg
反省点が多すぎ~














でも 
穴があいてるワケじゃないから
とりあえず使ってみましょ
1448176612386.jpg
【鮭のジャガイモあんかけ】

よかった~ 汁もれ無し!











うつわが傾いていても
写真なら
わからないから堂々とアップしちゃおう
DSC04877.jpg
【桜エビとジャコのチャーハン】






やっぱり
真っ直ぐ作れたのと比べちゃうと・・・ 

それなりだわ




次回  再チャレンジがんばります









 中赤荒土のうつわ

2015-11-16 | 08:50

久しぶりの陶芸作品です(^^♪


うわっ
こんな穴が開いる

どうしたの~~
DSC03072.jpg










そこいらへんは
たぶん・・・
DSC03078.jpg
何とかなるでしょ










高さは5㎝あるし
DSC03081.jpg











長さ 21㎝    巾 11㎝ なので
DSC03074.jpg
多少の汁気は大丈夫(^・^)











ただ

ちょっと残念だったのは
鉄絵を描いたのが薄くなってしまったこと
DSC03080.jpg





でも
失敗と成功は背中合わせにあるのかも🎶





土に含まれる鉄分が
DSC03069.jpg
こんなに美しい緋色になってくれて
すごくうれしいです~











同じ土 同じ釉薬で作った
フタ物
DSC03031.jpg
高さ 11㎝










直径10.5㎝
DSC03035.jpg










フタの持手だけに
鬼板を塗ったので青黒くみえます
DSC03032.jpg










少しだけ残った土を活かして
≪空飛ぶ妖精≫を作りました
DSC03026.jpg
なんてことの無い
ただの箸置きです~










こちらは
茶御影土で作った花活け
DSC03050.jpg
高さ 11㎝   口径7.5㎝









後ろ側 下方
DSC03062.jpg
うのふ釉を掛けてできた
緋色の指あとが気に入ってます(*^。^*)






長楕円形のうつわ・・・

出来あがってみれば  形も大きさも
中途半端な感じです


どう使えば活きてくれるんでしょう













 夏の想い出うつわができました

2015-09-29 | 21:02

2015年の暑かった夏が終わり
虫の音が聞こえるようになると

なぜか煮魚が無性に食べたくなります(#^.^#)

というわけで
作った6枚の器
だ円皿など










古信楽粘土の粗目でつくった
だ円皿⑤
雨粒がモチーフのお皿










モクモク  モクモク
だ円皿②
入道雲










相変わらず 女だから
ぜんぜん愉しめなかった海の想い出を
だ円皿④
うつわに描いて










大好きな向日葵は
だ円皿③
種であかるい未来を表現(*^。^*)










長辺 21㎝   短辺 16㎝
だ円皿⑥










深さは 約1.5㎝ あるので
だ円皿⑦
汁気があっても大丈夫♪










6枚作ったけど 2枚は釉薬が厚すぎて
絵が消えてしまい・・・
だ円皿⑧










思った通りにできたのは 
だ円皿①
この4枚だけという残念な結果になりました










それでは さっそく使い初めを
銀だら
予定どおりに煮魚を盛ってみて
次回作陶のためにチェック開始

良かった点は    悪かった点は




反省

うつわの大きさにしては
切り身が小さ過ぎましたね~

こんど使う時は
鰈の煮付けにしようと思いました(*^。^*)








 初めての植木鉢作り(*^。^*)

2015-06-15 | 12:31

うきうき半分♪

のこり半分はドキドキ気分

鉢1
初めて鉢作りに挑戦です~






『ザックリした感じにね~♪』
  と
陶芸仲間からアドバイスをもらい
鉢2
(ホントにこれでいいの?)と
ドキドキしながら作りました




いつものクセで
ツルツル きれいに ナデナデ しちゃいそう





そこをグッとこらえて
雑に 大ざっぱに・・・って 簡単そうだけど
鉢3
意外と難しいのよ~







鉢底に穴をあけて
鉢7
ふざけた飾り もつけて







短い足も付けましたよ(≧▽≦)
鉢10
これで
世界中にたったひとつの鉢ができました



      



素焼きが終わり

乳白釉をかけたらこんなン出来ました~
多肉鉢1







ひっくり返してみたら
多肉鉢2
ニャンコ発見!
いやいや・・・
 ワンコ発見!







大ざっぱな中にも
愛嬌ある内股の足にホッ
多肉鉢3
五斗蒔という土は
釉際の緋色が美しいです(^^♪







適当に・・・
頑張ったのはいいけど
多肉鉢4
こんないい加減なデキでホントにいいの?





つづく