2017年最後の紅葉(*^。^*)

2017-12-22 | 16:56

12月上旬 

葛飾区の水元公園に行きました

メタセコイアと沼5751
水面と空と
レンガ色のコントラストが美しいです~

















水辺に沿っていくと
映り込み5836
お行儀のよい木が並んでいました















ここでお弁当っていうのもいいんじゃない?

映り込み5845
逆さ雲を見ながらパクパク🎶













人も通らない静かな小道があったり
小道5852
のんびり散策には最高~











さらに奥へ進むと
バードウォッチングできる場所が
鳥5816
あら・・・誰も居ないじゃないのォ
引き返そうとした瞬間


突然アオサギが飛んできて

目の前で止まりました~~~!



じつは・・・嘴と目がこわいので

心臓ばくばく!!!


遠くから見るぶんにはどうってことないんですけど







逃げ足だけは早いわたし・・・

急いでメタセコイアの森に向かいました(#^^#)
メタセコイア5897













アクセサリーがたくさん ジャラジャラ
実5742















映り込み5881














ものすご~く広い広場に 親子連れ二組
広場5865
こういう場所は
ほどほどに混んでいたほうが楽しいのよねぇ(*^。^*)














映り込み5870














午後になり 長い影が伸びだして
また違った美しさを見せてくれました(*^^*)

メタセコイア5913
これって  確か
(早く帰りなさい~)の合図だったわよね














メタセコイアの森をもう一回りしてから
沼5918
コーヒータイム







夕方近くになると
さすがに人も少なくなってきました

さぁ  
良い子は早く帰りましょう~








 ハヤトウリとえのき茸

2017-12-16 | 21:00

今年も作りました~(^^♪
ハヤトウリ取り出す
ハヤトウリの漬物が美味しくって
新米の炊き立てご飯があれば

お代わり~(#^^#)が止まらず・・・なんです(;・∀・)











準備するのは ハヤトウリ 2㎏
白ハヤトウリ








一日目
調味料は全部お鍋に入れて沸騰させる
調味料
醤油  3カップ
砂糖  400g
酢   1カップ










ハヤトウリを大きめの一口大にカット
白ハヤトウリカット










① 調味液が沸騰したら 火を止め 
   すぐにハヤトウリを入れる
材料投入
蓋をして翌日までそのまま放置










二日目
② まる一日経つとこのようになるので
  ハヤトウリだけをボウルに取りだし
一日経過
調味液だけを沸騰させてから火を止め
すぐにハヤトウリをお鍋に戻し入れる











三日目・・・ 二日目と同じ作業をくりかえす

③ ハヤトウリをボウルに取りだし 

   調味液を沸騰させて火を止め  すぐにハヤトウリを戻し入れる











三回目の作業が終わり
完成したらビンに入れて冷蔵庫で保存します♪
ハヤトウリ完成
調味液がひたひたに被るように保存









(調味液だけが残ってしまうのがもったいない)と
以前から思っていたけれど
ツユ











よくよく考えてみたら
あの味に似てるんだわ・・・とひらめき
作ってみました(#^^#)


えのき茸をたくさんカットして
えのき茸











残った調味液とえのき茸をお鍋に投入
ツユとえのき
サッと沸騰させて アクを取り












ひと煮立ちすればOK~(^_-)-☆
えのき茸を煮る










冷めたらガラス瓶で保存(^^♪
なめ茸完成
なめ茸の完成です





売られている「なめ茸」よりも塩気が少なめなので 
柚子の皮をすりおろして入れてみました


ほんのり柚子の香りがたまりません~~~🎶











定番の大根おろしとセットはもちろんのこと
いろんなお料理に使えて重宝してます (^^)/
なめ茸パスタ
バターとの相性が良く 
イケてるパスタ料理になりました~ ^^) _旦~~





 大谷の巨大地下美術館

2017-12-11 | 14:47

02669.jpg
ライトアップされた地下空間は

趣向を凝らした巨大な美術館のようでした(^^)/










ワクワクしながら資料館の階段を下りていくと・・・
①02662
その巨大さに大興奮


テレビでは見て知っていたものの
実際に見るとスケールが違いますね~~~












振りかえればこんな景色
②02665
入り口が高い所だったことにビックリ×2












素敵なオブジェ
③02670














「採掘法についての説明」
⑤02671












来るときに見た(山肌の四角い掘り跡)は
こういう理由だったのね・・・と納得
⑥02672











初めは天井の黒っぽいモノってカビ?
なんて思っていたけど
⑪02677
これが
説明書きにあったミソというものかしら












入り口方向をもう一度♪
④02678
矢印のところから下ってきたんですよ~(^_-)-☆






左側は緩やかな傾斜で かすかに轍が・・・
イベント時には品物などを運び入れる通路なのかも(^^♪












華道家【假屋崎省吾さん】の作品も
⑦02675
素材が何かを知りたくて よ~く見たんだけれど 
青い光に遮られてわからずじまい・・・













プロジェクションマッピング
⑩02688












左党が目を輝かせる品(#^^#)
⑭02691


ドンペリニヨン「P2」の日本発売日の前日に開催されたレセプションで

ゲストの皆様を撮影するためのフォトセッション用エンブレムで

主催者から開催地への記念として提供していただいた展示品
 とのこと






私にはなんのこっちゃ?ですが
そうとうお高いものなんでしょうね~












過去のイベントや
これまでに訪れた方々のパネルが展示されていました
⑫02689












揺らぎのある光のアート
⑬02693











こんなイベントも開催されていました
⑨02686














他に人が居るので安心して歩きまわれるけど

もしも誰も居なかったら・・・
迷子になりそう~~~
⑮02690












採掘跡があちこちに有るので
(興味のままに動くと迷子になりかねないわ)・・・と

反省しながら出口へと戻りました
⑧02685
あら 外国の遺跡みたいだわ
なんて真面目に思ったのが恥ずかしい・・・




よくよく見れば大谷石を使った門扉などの見本でした





おしまい
















 宇都宮市で観光(*^。^*)v

2017-12-04 | 13:50

11月下旬
栃木県の宇都宮市に行ってきました


右も左もわからないので
とりあえず駅構内の観光案内所で情報を入手
DSC02804.jpg
こちらが申し訳なくなるくらい親切・丁寧で  

至れり尽くせり 教えていただき
宇都宮の印象は
   










目的地までバスの本数が少なく
食事していると間に合わなくなるため
お弁当を買って青空ランチすることに
DSC02651.jpg
駅前二階にはベンチがいくつもあり
バスの発車時刻まで待つのに便利でした~🎶

この下がバスターミナルになっています










ネーミングが素敵ね
DSC02649.jpg
なんか・・・食欲をそそられるでしょ










中身はこちら
DSC02650.jpg
もち米の炊き込みご飯がゆばで包んでありましたよ(#^.^#)

もちろん 
美味しゅうございましたとも~ヽ(^。^)ノ






ではでは
バスの一日乗車券を使って
教えられた通り 大谷観光に行きましょう

およそ30分で大谷地区に到着です♪









こちらは自然の岸壁に彫られた27mの
平和観音です
DSC02713_LI.jpg
戦没者の慰霊と世界平和を祈念して
手彫りで造られた観音様(^^♪









すぐ近くには810年 弘法大師による開基といわれる
大谷寺・大谷観音
DSC02703.jpg
浸食された石壁との不思議な調和が魅力の本堂ね(*^-^*)

撮影OKはここまで




本尊「大谷観音・千手観音立像」は
平安時代初期に彫られた石仏といわれています

柔らかな大谷石に複雑な千手観音を彫るのは
高度な技術が必要との説明がありました










本堂の上に岩が
DSC02706 (2)
空洞とか凸凹が素敵・・・
手で触ったらポロポロ落ちちゃいそうね(^-^;

自然の力って不思議です










「資料館入り口」バス停で降りると
いきなり別世界が広がります
DSC02653.jpg










さすがは大谷石の産地だわ
DSC02657.jpg
端から順番に切るんじゃなくて
こんな風に取るのが大谷流???











こっちにも四角く切り取った跡が
DSC02658 (2)











反対側の山の上にも切り出した跡が

ステージと広場みたいな雰囲気ね
DSC02659 (2)










休憩もできるお店の前には
石のベンチやイスがある広場
DSC02660_LI.jpg










ここで遭遇したのが・・・
DSC02700.jpg
大谷石に載ってる苔玉!

なんて可愛いんでしょう

これは要チェックよ









大谷石チェックは後回しにして
「こちら」を観光しましょう
         ↓
DSC02696.jpg











資料館の傍らにはボケの花
DSC02698.jpg
山で囲まれているから暖かいのかしら(^^♪

なんか
いい予感🎶

ああ いい予感~(#^.^#)







後編につづきます








 小っちゃな母娘(#^.^#)

2017-11-29 | 18:09

黒い粘土で置き物をつくりました
DSC_5121.jpg




















うしろ姿も可愛いでしょ~~~🎶
DSC_5118.jpg


















大きさはこれ位
DSC_5105.jpg
右側がママで
左が女の子のつもり(*^-^*)






何かおねだりしているみたいでしょ?





それとも・・・
「今日のおやつはなぁに?」  とか  




いえいえ
「今夜のメニューはなぁに?」  とか












正解は~~~



「この大きなお風呂に入りたぁい♪」 でした
DSC_5132.jpg

この「大きなお風呂」は同じ時に作った多肉鉢で

多肉ちゃんの植え替えができない今
春がくるまで母娘のお風呂になります~










 ルビーネックレスの花

2017-11-26 | 23:03

ちょうど一年前
瀕死の状態だったルビーネックレスの苗を二鉢みつけ

注意深く・・・慎重に

手厚く看護していたら
一年でこんなに立派になりました~(∩´∀`)∩
20171015ルビネ
(2017.10.15)

でも
こんなにコロンコロンした形って・・・

ほんとにルビーネックレス










で・・・
もう一つの鉢はこちら
2017611長ルビネ
(2017.6.11)

削除しなかった数枚がカメラに残っていました



神さま・仏さま 

ありがとうございます~~~ 











萎びた芽ヒジキみたいだった苗が
こんなにモリモリ・ワッサワサ


多肉植物は本当に丈夫なんだわ・・・と大絶賛
2017114長ルビネ
紫色の茎が美しいです~










じつは
手厚く看護したというのは真っ赤なウソ

ホントは  雨風に当て放題の放任主義
2017114ルビネ蕾
(2017.11.4)

それなのに・・・小っちゃな蕾も芽生えてきてくれた




またまた 神さま・仏さま 

ありがとうございます~~~🎶









うれしくて
お祝いにたっぷり水を・・・
 と思ったけど
020171114ルビネ花②
(2017.11.14)

急に生活スタイルを変えたら
やってられないっ!

って
多肉ちゃんは絶対に思うはず・・・





というワケで
甘やかさない作戦続行










その結果



みごと 花盛りとなりました~~~(#^.^#)
20171122ルビネ花
(2017.11.22)
ただいま鉢の外まで増殖中( ^^) _U~~










一方
芽ヒジキふうルビネ
にも吉報が
20171114長ルビネ蕾
(2017.11.14)

小っちゃい蕾が見えてる~~~(*^-^*)











コロコロのルビネから遅れること一週間

蕾が大量に(^^♪
20171122長ルビネ蕾
(2017.11.22)











これは芽ヒジキちゃんの初蕾

咲きそうで なかなか咲かない・・・
20171122長ルビネ蕾①
(2017.11.22)







2017.11.26 開花

芽ヒジキルビネの一番花が咲いたのは
神も仏も私も外出中のことでした





おしまい









パソコンが~(^_^;)

2017-11-15 | 11:21

4年で昇天しました

大型電器量販店の方によると
3~4年で故障すると言うのは
よく有る事…だそうで


ここ最近
バックアップしてなかったので
多肉ちゃん達の成長記録が消えてしまいました💧




ここからは
新宿区の草間彌生美術館の一部です




真っ暗な部屋の中
無数の灯りが幻想的です♪








2階と3階は撮影禁止で
他ならOK(^-^)

と言うことで
ガラス張りのエレベーター内










エレベーターの天井も水玉

館内でのルール

階段は上り専用で
下りる時はエレベーターを利用する

エレベーターは上り下りのどちらでもOKです♪






予約していた時間になり
入口に集まったのは殆どが西洋の方々

チケット購入はwebでカード決済のみ
時間指定
90分で入替え制となっています


というのがネックかな…と思うけど
小さな美術館なのでゆっくり作品を楽しむのには
良い方法かもしれません













屋上では南瓜が輝いていました(*^^*)












金色とピンク色の
小さなタイルを貼ったような南瓜











4階の真っ暗な部屋は
2分間で数人ずつが入替えになります

四角い部屋の真ん中に
マジックミラーで囲われた南瓜の灯りがある…

と思いました(^-^)

ガラスの中の南瓜以外は何も見えず
他の人と手さぐり状態で恐る恐る歩き回りました

一番楽しめた場所かな(^_^)v








天井にも南瓜が





5階には本や資料が揃っていて
ゆっくり閲覧できるようになっています

何冊か読んだあとエレベーターで3階に下り
もう一度極色彩の作品を堪能し

その後は2階で無色の作品を(^^)/




ゆっくり作品を楽しんでも40分の滞在でした





気分転換するにはちょうど良い広さだし

展示作品が入替えになったら
また訪れたいと思える美術館でした♪








 奥日光の金屏風に会いたい(*^^*)

2017-10-30 | 17:50

台風が関東を通過した翌日
奥日光・小田代ヶ原に行きました
小田代ヶ原5414
草もみじのピークは過ぎても
グラデーションはそれなりに綺麗です (#^^#)















台風一過は青空になるはず・・・

それなのに厚い雲が
小田代ヶ原5412
お日様が出てくれないと

金屏風にならないのよ~(^^;)







雲よ   早く消えておくれぇ~





それでも雲の間から陽が射すこともあり
いそいで撮ろうとすると
小田代ヶ原5416
雲の中にかくれてしまう・・・

もう~ 
意地悪なんだから 
 















しばらく留まっていたけれど
青空は期待できそうにないので
小田代ヶ原5415
仕方なく・・・サ・ヨ・ナ・ラ


来年はみごとな金屏風に会えますように












木道を進んでいくと 
小田代ヶ原5444
カラマツの落葉がビッシリ

これ・・・台風の置き土産ね 



よっしゃ!  
これもドーンと受け止めようじゃないの











空が見えるくらいスカスカになったカラマツ
小田代ヶ原5435
これはこれで 見事よねっ












てっぺんの方は葉が残っているので
遠くから見るとそれなりに綺麗
小田代ヶ原5422
手前の茶色い部分は
7月頃ピンクの絨毯になるホザキシモツケ







美しさに思わず歓声をあげてしまう
とっておき&一押しのスポットよ












この時季ならではの眺め
小田代ヶ原5428
葉が生い茂っている時季には見ることができない
秋限定の美観です~ 














小田代ヶ原のゲートを出て最初に出合った
DSC_5452.jpg
マイヅルソウの実  

透き通った実は
感動するほどの美しさ (#^.^#)











落葉して笹ばかりになった林を抜けると
泉門池5462
泉門池 (イズミヤドイケ)に到着


テーブルやベンチが設置してある
ハイカーにはありがたやの場所です (^^♪












とうぜん私もここで昼食タイムです~(^^♪


とりあえず・・・

カンパ~イ!
DSC02387.jpg


エネルギー補給したら出発しますね(*^^)v







つづく







 コノフィツムの花が咲いた🎶

2017-10-18 | 21:10

2015年9月
ホームセンターのオープンセールで見つけた多肉ちゃん
150930.jpg
足袋みたいな形と
黄色い花がかわいいなぁ~
と即買いヽ(^。^)ノ





へぇ~  コノフィツムって言うんだ(*^。^*)


ヘンな名前~~~ 



多肉初心者は
名前と育て方を調べてからスタートです・・・





翌年(2016年)
脱皮したら4個の足袋が8個になったけど 

とうとう開花せず

それからというもの投げやり・・・ というか
ほったらかし状態
160727.jpg
でも
このままじゃいけないのよねぇ











2017年春
170409.jpg
脱皮カスなどを取り除いて
植え替えたんだけど  なんか・・・ヘン

シワシワと弱弱しさが気がかり









あら・・・  やっぱり?
170524.jpg
お腹ぷっくりじゃない













あっ 新生児発見  
170611.jpg










7月中旬
全員なにごともなく脱皮完了

真夏は半日蔭に置き  ほぼ断水というので
170721.jpg
涼しくなるまで棚の下にほったらかし 





そうはいっても
断水はひどすぎる気がして
3回くらい大さじ3杯の水をあげてしまった・・・



これが
吉と出るか  凶と出るか







10月になり
やっと涼しくなったので 引っ張り出してみたら

あれぇぇぇ~~~  
171003 (2)
な ・ なに?  










わっ  もしかして 蕾?  
171003.jpg
咲いてくれるかなぁ(@^^)/~~~


しばらくは
毎日チェックね





と思ったのもつかの間
翌日の朝にはもう  これよォ~~~
171004.jpg
シワシワなのに花を咲かせるなんて
立派すぎるわ











午後になると 箒みたいになった
171004⑵












久しぶりの陽射しにますます開花(^。^)y-.。o○
171007.jpg










少し遅れて生まれたコが満開になり
三姉妹 花ざかりとなりました🎶
171010.jpg









すぐに萎んでしまうと思っていたけれど
10日間も咲き続けてくれました
171013.jpg
ありがとね~~~(*^。^*)


来年もよろしくね~~~(*^^)v




でも・・・
ぱっつん・ぱっつんのコに花は咲かず

シワシワのコが花を咲かせるって・・・  どういうこと?












 沼ッ原湿原の花たち🎶

2017-10-04 | 16:10


白笹山を背景に
真っ赤なツツジの葉が美しいです
ゴヨウツツジ02103
五枚の葉が円を描くように付いていたので
ゴヨウツツジかな(*^^*)










湿地に取り付けられた木道の下から
楚々としたオヤマリンドウが顔を出したり
オヤマリンドウ02087










オヤマリンドウに似てるけど
ビミョーに違うエゾリンドウも咲いていたり
エゾリンドウ2110
ゆっくり下を見ながら歩かないと
貴重な花を見逃してしまいます~(@^^)/~~~










山野草に詳しい花ガイドさんに
(ここに咲いているのは誰ですかァ?)などと質問攻めする
キャーキャー軍団(*^。^*)
DSC02124.jpg
青空と白い雲の下では
誰もが開けっぴろげになれちゃうんですよね~(#^^#)











あら
沼ッ原のサワギキョウは丈が小さめだわ・・・
サワギキョウ02097
管理されている植物園のモノと違い
厳しい自然の中では育ちにくいんでしょうね











陽射しが気持ちの良い場所にベンチがあったので
撮影タイムを兼ねて小休止(^^♪
オヤマリンドウ02129
ガイドさんからキャンディーをいただいて
みんなニコニコおしゃべりタイム🎶










木道にまでせり出してきたヤマトリカブト
ヤマトリカブト2133
美しいモノにはトゲドクがあるから
みなさん 気を付けましょうね~










開き始めたシラネセンキュウ
シラネセンキュウ02085











げんのしょうこ
げんのしょうこ2139









ヤマハハコ
ヤマハハコ02047









山野草を心ゆくまで楽しんで
駐車場に戻り
DSC02041.jpg
次の立ち寄り先へ

いざ出発~~~











道の駅 「明治の森・黒磯」に到着
明治の森02152
ここで【青木別邸】を見学します


バスを降りた途端に
しあわせの香りが漂ってきて・・・

ん? もしかして・・・ 


ウッヒョー





花ガイドさん
  ↓
「お買い物はあとで!
先に青木別邸を見学してからですよ~っ!」







最初に係り員さんから青木別邸についての説明があり
その後はそれぞれ自由に内部を見学します
明治の森02157
ここは
明治時代にドイツ公使や外務大臣
アメリカ大使などを歴任した子爵「青木周蔵」の別荘で

国指定 重要文化財になっています











明治の森02155









あら エマニエルのバスタブ(#^^#)
明治の森2158
見学はこれで終わりにして・・・ と





さっきのあそこが気になって仕方ないので
内部見学もそこそこに

道の駅売店にダッシュ~~~



ただいま焼きたてです~♪の声に
焼きたてのバゲットとブールをいち早くゲットし
隣の新鮮な野菜売り場へ 


茗荷、秋茄子、ピーマン、ゴーヤを買い占める
(スーパーの半額くらいなんだもの)





これで行程が終了です

最近のツアーは
立ち寄り先が少なくていいですよね~(#^^#)


とは言っても
走行距離によってドライバーさんは休憩が義務付けられていて
帰りには(羽生PA)に寄ることになりました
羽生PA02167
わぁ 時代劇に出てきそう~(^^♪
(初めて立ち寄ったので少々興奮気味であります)












ここは外国人旅行者に大人気のPAだそうで
羽生PA02168
続々とやってくるバスから降りてくるのは
金髪の外国人ばかりでしたよ~










(外見は時代劇でも 中は普通でしょー)
と思って建物の中に入ってみると・・・
羽生PA2164
お江戸下町のお祭り状態







アケボノソウの沼ッ原湿原と
パンと野菜の充実した日帰りツアーはこれでお終いです

専門のガイドさんが付いているツアーって好いな!
と思ったツアーでした(#^^#)